こどもの時にほとんどの人が経験する黒板への落書き。
どんなにいい絵が描けてもずっと残しておくことができません。

そんなふうにはかなくも消えてしまう落書きが現実の世界に

飛び出してくるという物語から、今回の展覧会ははじまりました。


「思いついたものをかたちにすること」これは私たちてくてくが

ずっと持ちつづけている大きなテーマです。生きていくうえで

とても大切な力だと思うのです。

展示プランは小学生クラスを中心にみんなで考えました。

トンネル、火山、クモの巣、太陽・・・私たちでは想像も

できなかったアイデアばかり。みんなで1つのものを

作り上げる楽しさを味わってもらえたと思います。